白髪染め・白髪−本格的なヘアカラーカテゴリの記事一覧

本格的に白髪が染められるヘアカラー



白髪が一時染めでは追いつかないくらいに目立ってきた人、あるいは年齢が若く、白髪頭がどう見ても不自然だと思われる人などは、ヘアカラーを使ってみてはいかがでしょう。

ヘアカラーリング、いわゆる毛染めは、美容院など専門家に任せてやってもらうことももちろんできますが、最近は家庭で簡単に扱うことができる商品も多数出ています。

ヘアカラー(酸化染毛剤)はヘアダイともいい、永久染毛剤に分類される最も本格的な染毛剤です。

色調が豊富で、染め上がりも綺麗ですから、気軽にチャレンジして、自分で染めて見ましょう。

髪を染める場合、まず、気をつけたいのは、髪の色というのは思いのほか顔立ちその他の印象を変えるので、慎重に色選びをするということです。

特に、初めて白髪を染めるときに、染める以前と極端に髪の色が変わってしまうのでは不自然です。

髪の毛があまりにも鮮やかに染め上がっていると、かえって「染めている」ということが一目で分かってしまいます。

ヘアカラーは、どこのメーカーのものでも、黒から明るい茶系まで、数種類の色がそろっています。

選ぶときのぽんととしては、自分の元の髪の毛の色よりも、やや明るめを選ぶことです。

真っ黒や濃茶などよりも、多少明るめの色の方が、全体にやわらかな印象を与え、顔色も美しく見えますし、お洒落な雰囲気も出せます。

また、ご自分の眉毛の色をよくチェックして、違和感のない色を選ぶことも重要です。

さらに薄毛気味の人は、白髪染めにあまり濃い色を選ぶと、かえって髪の毛の少なさを目立たせてしまうということも頭に入れておきましょう。

タグ:白髪

健康な髪を保つために毛染めは月1回以下



白髪染めに使用するヘアカラーは、髪の表面をおおうキューティクルを広げ、もともとの毛の色を脱色させてから、新しく染める色をしみこませていく仕組みになっています。

黒い色ほど脱色しにくいので、初めに黒で染めてしまうと、次に明るい色に変えたいと思っても、なかなか思い通りになりません。

しかし、最初に明るめの色で染めておけば、その後で暗めの色に変えるのは比較的簡単です。

さて、一度染めた毛は、その後も面倒がらずに、きちんと染めていくようにすることが大切です。

染めた根元から、白髪が中途半端に伸びてしまうのは見苦しいものです。

ただ、キューティクルを広げることで、多少なりとも髪に負担はかかります。

健康な髪の毛を保つためには、その使用頻度は1ヶ月に1回以下にするのが理想です。

最近は酸性染毛剤といって、作用の穏やかな染料を用いて、酸性の環境で髪の毛を染めるヘアカラーも出回っています。

色の持続性は酸化染毛剤よりも劣り、3〜4週間で退色するので半永久染毛剤といわれています。

ブリーチの作用はないので白髪染めに限定されやすいことや、地肌につくと染まりやすいというような問題もありますが、体質的に酸化染毛剤を使えない方や、いたみを気にする方には向いています。

なお、ヘアカラーが肌について時に使う専用のふき取り化粧水も市販されています。

→NEXT:白髪染め−ヘアカラーの使い方
タグ:白髪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。