便利なワンタッチタイプヘアカラー



白髪染めの際に、手軽に利用できるワンタッチタイプのヘアカラーはいろいろ出回っていますが、マスカラタイプ、スティックタイプのように一部分を染めるのに適しているもの、カラームースやカラースプレーのように髪全体を着色するのに適しているものに大別することができます。

○マスカラタイプのヘアカラー

形状にはまつ毛に用いるマスカラと同様のもので、速乾性の液体染毛料を、容器に先についている細いブラシで髪に塗りつけます。
ブラシはごく細いものから、太めのものまで数種類のタイプがありますが、ブラシの細いものは、白髪の出始めで、本数は少ないけれど気になるときや、目立つ白髪だけを染めるときに便利です。
ブラシが太めのものは、生え際や髪の分け目の根元全体に目立つ白髪を染めるのに適しています。
使うときのポイントとしては、使用前に容器全体を軽く振り、キャップを回転させてあげ、キャップについているブラシを真っ直ぐにゆっくりと引き抜きます。
ブラシに適量の液がついているのを確認してから、あいている手で髪を押さえ、補整を必要とする部分に軽く当てて、毛先の方向へ滑らせるようにしてつけていきます。
1〜2分で乾燥しますが、乾燥後もしばらくは、くしやブラシの使用は避けます。

○カラースティック(カラーチック)

いわゆるチック(棒状に練り固めた化粧料)状になっており、ショートカットのようなヘアスタイルで、特にもみあげ部分の白髪が目立つときなどの毛染めに便利です。
また油性のこってりしたタイプですから、白髪が立ち上がってしまうのを押さえる効果があります。
口紅上になった細めの製品もありますが、これは髪の分け目など、細かい部分の白髪を隠すときに適しています。
チックタイプのものは、直接肌にのせてしまうと、べったりとついてしまい、かえって不自然な感じになりますので、歯ブラシなどの細いブラシをヘアカラーの表面に当て、軽くこすってブラシに少量のせてから、髪につけるようにします。

○カラームース

整髪料として使用されているムースに染料を混ぜたものです。
こまかい泡状になっているので、手早く、ムラなく髪全体に行き渡ります。

○カラースプレー

ヘアスプレーの要領で髪に吹きつけるものです。
頭全体に着色したいときの他、部分的に固まって生えている白髪を手早く染めるのにも適しています。
また、色数も豊富なので、永久染毛剤を使う前に試すのにも向いています。

タグ:白髪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。