一時的に白髪を隠すのに便利



ちょっと白髪が目立ってきたけれど、なんとなくまだ染める気にはならない、急にあらたまった席に出ることになったけれど毛染めをしている時間が無い、また体調が悪くて毛染めを控えているといったようなときには一時的に白髪を目立たなくさせるワンタッチタイプのヘアカラー(一時染毛剤)が便利です。

酸化染料を使ったヘアカラーは、永久染毛剤ともいわれるように、色が長く保てて、洗髪してもなかなか色が落ちないのが特色ですが、人によっては、染料に含まれている成分によって、かぶれるなどの反応を起こすため、使うことができない場合があります。

また、キューティクルを人工的に開くので、どうしても髪が傷みやすく、髪質の弱い人は、染めた後で髪のパサつき、枝毛などのトラブルを起こすこともないとはいえません。

これに対して、一時的な毛染めは、髪の表面だけに着色するものですから、洗え邯鄲に色が落ちますし、酸化染料のようにかぶれ、髪のいたみなどのトラブルを起こしたりすることがないので、誰でも気軽に使うことができます。

また、本格的なヘアカラーを使うとなると、ある程度の時間を必要としますが、ワンタッチタイプのものは、外出前などのあわただしい時間でも手早く使えます。

いわば、メイクアップと同じような感覚で白髪染めができるわけです。

以前は、ワンタッチタイプのヘアカラーは顔や手、衣服などに付着しやすく、汚してしまうというようなウィークポイントもあったようですが、現在ではそれらの問題がカバーされた製品がほとんどです。

最近では、その種類も豊富で、マスカラタイプ、スティックタイプ、カラームース、カラースプレーなど、さまざまな製品が出回っています。

→NEXT:白髪染め−ワンタッチタイプのヘアカラーの使い方
タグ:白髪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。